MENU

カメラマンを目指す学習法

カメラマン

学校選びの3つのポイント

印刷メディアからWebメディアに至るまでのさまざまな場面で写真が効果的に使われていますが、それらの写真は1つ1つが高度な撮影技法を駆使して撮影されているものです。撮影した写真を組み合わせたり加工したりしてフォトデザインを作成するには、加工ソフトに関する専門知識も欠かせません。アマチュアの中にもプロ並みの撮影テクニックや加工技術を持つ人は少なくないとは言え、プロのカメラマンとして認められるには相応の専門教育も必要です。そうした写真に関する専門教育を受けられる場としては、芸術系や美術系の大学・短期大学も選択肢として挙げられます。とは言え大学はプロのカメラマン養成に特化した教育機関ではないため、就職には必ずしも有利とは言えません。大学に通う大半の学生は自分で就職活動を行う必要があるのに比べ、写真について専門的に学べる専門学校では就職にも何かと有利になってくるものです。そうした専門学校ではプロのカメラマンが講師を務めている例が多く、就職の際にも学校や講師を通じた業界へのコネクションが役立ちます。プロのカメラマンを目指して写真関係の専門学校に進学する際には、以下に挙げる3つの選定ポイントで比較してみるといいでしょう。1つは専門学校ごとに異なるカリキュラムの内容で、大半の学校ではホームページでそれぞれのコースについて紹介しています。写真について専門的に学ぶにしてもコマーシャルフォトやフォトデザイン・報道写真コースなど、専門学校ではいろいろな専攻コースが用意されているものです。写真関係の専門学校を選ぶ際には、撮影スタジオやコンピュータルームといった施設面が2つ目の選定ポイントとして重要になってきます。撮影術を学ぶのに充実した施設が使える点で、専門学校は独学の場合と比べても有利なのです。指導を担当する講師のキャリアも3つ目のポイントとして見逃せませんので、事前に検索しておくといいでしょう。