50代だからと諦める前に専門の薄毛予防をしよう

最新の脱毛治療事情

鏡を見るメンズ

特に男性が抱えることの多い悩みには頭髪の脱毛が挙げられ、様々なグッズやサプリメントが販売されています。医療機関での脱毛に対する専門的な治療として、植毛という方法が最近では一般的です。植毛は最初は人工の毛髪の使用から始まりました。しかし、人工毛髪を植えた箇所で拒絶反応が起こるなどの問題がありました。そこで現在では、自毛植毛という自分の毛髪を使った植毛が一般的です。側頭部や後頭部の脱毛が起こりづらい部分から、症状が出ている箇所に毛髪を移植するのが自毛植毛です。しっかりとした効果が人気ですが、近年では移植先で髪の質が変化し、脱毛が再び起こってしまうケースも見られます。しかし、植毛治療は日々進化しており、効果を感じられなくても各クリニックに相談することで、最新の治療を試すことができます。

自毛植毛と似たような治療法で最近盛んに研究が進んでいるのが、細胞を再生させた上での植毛です。医療で用いられるiPS細胞は、皮膚などの細胞から様々な身体の部位を再生することができます。再生の過程を工夫することで、脱毛が起こりづらい頭髪作りが可能になります。完成した頭髪は自分の頭皮に移植するため、人工植毛に近い印象も受けます。しかし、使っている毛髪は自分の細胞から作られたものなので、人工植毛のように拒絶反応など副作用が生じることはありません。研究段階だった再生療法は、少しずつ実際の脱毛治療に使われるようになりました。確実に脱毛の悩みを解消したい方は、事前に再生療法を行っているクリニックを探し、診察を受けてみましょう。